子供を抱っこしてのぎっくり腰の症例

抱っこ

30代の女性の方がぎっくり腰で来院されました。

腰を痛めた原因は、お子さんを朝に抱っこしようと、持ち上げた瞬間!

あまりの痛さと衝撃にしばらくフリーズ(動けなかった)してしまったそうです。

 

元々は腰痛はたまにはあったが、

ここまでひどいのは初めて。

整形外科にも行き、異常なしで湿布のみ。

近隣の整体・カイロプラクティック院に3度行ったが、多少の緩和のみ。

痛みで腰を真っ直ぐにして立てない。

 

これでは育児ができないので、色々探して当院を見つけた。

この方のぎっくり腰は背骨の関節を傷めたぎっくり腰なので、

痛みが強く良くしずらいといえます。

 

きっと先に行った整体・カイロプラクティック院では、骨盤の矯正はしても

背骨の矯正はできなかったようですね。

 

当院の痛みなく、ボキボキなしの整体法を行い、術後には腰が伸びました。

2日後には、大幅に痛みが引き、2度目の施術でほぼ痛みは治まりました。

 

ぎっくり腰と一口にいっても色々あります。

それに対応する施術を行えば、良くなっていきます。

 

コメントを残す

このページの先頭へ