頭痛(緊張性頭痛)

頭痛について

頭痛②

当院では開院以来多くの「緊張性頭痛」に悩む患者さんの施術を
行ってきました。

頭痛は肩こり・腰痛に並び、日常的によくある症状のひとつです。
ある医療機関の調査によると、日本で頭痛に悩む方は3~4人に1人にものぼります。

頭痛のなかでも、全体の8割が緊張性頭痛であるといわれています。

緊張性頭痛とは、首・肩の筋肉・血管が緊張・収縮することによって、
頭部の表面を走る神経が圧迫・酸素欠乏をすることで起こる頭痛です。

頭痛は、年々患者数が増加していまして、最近では「頭痛外来」といった頭痛を
専門的に治療する医療機関まで増えているほどです。
けれども、実際のところ、まだまだこの疾患に対する社会的認知度が低いというのが現状で、
我慢しながら頭痛と付き合っている患者さんが多いという問題があるのです。

『仕事で一日中パソコンを使っていて、姿勢が悪い』
『作業で首・肩こりがいつもある』
『デスクワークのため、カラダを動かす時間がない』
『スマートフォンを毎日使っている』

などから、慢性的な緊張性頭痛を訴える方が来院されています。

頭痛でお困りであれば、当院の頭痛の施術方針について書きましたので、
じっくりお読みください。

 

どうすれば、この頭痛は良くなるのか・・

頭が締め付けられるように痛い。
パソコンを使っていると、肩がこって頭痛がしてくる・・・
頭痛がつらくて。吐き気まで出ることもある。
頭になにか乗っているの?というくらい頭が重い・・・

ƒvƒŠƒ“ƒg

あなたはこのような頭痛にお悩みではないでしょうか?

デスクワークの方が増えたこと。パソコンの使用。
携帯電話の普及、携帯ゲーム機の使用。運動する
機会の減少など、から姿勢が悪くなりやすくなり、
首・肩の筋肉が緊張すること。

精神的ストレスの増加。パソコンなど、画面から強い光を
出す電化製品を毎日のように使用すること。などから頭痛に
なりやすい環境に私たちの生活はなってきています。

頭痛は特に女性の方に増加傾向にあります。

頭痛を良くしようと、マッサージに行っているが、すぐに戻ってしまう。

パソコン・携帯電話が良くないのは分かっているが、
なかなか使う頻度を減らせない。

運動が必要なのは分かっているが、忙しくてできない。

病院で緊張性頭痛と診断された。
首・肩こりから頭痛になっていると診断された。

そんな患者さんたちが当院に来院されています。

当院では、ボキボキせず、痛みがない整体療法を行い、
頭痛の根本改善を目指して取り組んでいます。

どこに行けばいいか分からないあなたも、お気軽に当院まで
足を運んでください。

 

当院の頭痛の施術方針

緊張性頭痛の原因は、ストレス・疲労・肩こり・頚椎のずれ・顎関節のずれ
・ムチウチなどの首のケガ・眼精疲労・高血圧・内臓の不調など様々ですが、
筋肉や血管が緊張・収縮することにより起こります。

緊張した筋は後頭部の神経である「大後頭神経」「小後頭神経」を圧迫し、
これが頭痛という症状として表れるのです。
最近は仕事でパソコンを使う方や携帯の使用から、首・肩こりからの頭痛が多くみられます。

また、自律神経の乱れによる頭痛も増えてきています。

当院の緊張性頭痛の施術は、まずは全体のバランスを整え、
次に頭痛の原因である、筋肉や血管の緊張・収縮に対してアプローチをします。

1.首~背中の背骨・頭蓋骨のずれを整える
2.緊張している首・肩・頭部の筋肉を緩める

この2つを行うことで、頭から首のバランスが整い、神経の圧迫が解除され、
頭痛が良くなります。

20101025 076

さらに、顎関節症や自律神経の乱れが頭痛に関係している場合は、
あなたの状態に合わせて更にアプローチをします。

施術後には回復の効果を高めて、再発予防をするために、
ご自分でできる体操・ストレッチなどのご指導も行います。

ひとりひとりに合わせた独自の施術を行っているため、
他院では良くならなかった方が多く来院しています。

分からないことはなんでもご相談ください。

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ